運送業専門の行政書士久保田勝彦事務所@岡山県

お知らせ

 

新着情報

補助金申請支援業務を始めました。
詳しくは取扱業務よりお進みください。

岡山県で運送業許可の手続でお困りごとはありませんか?

運送業イメージ

これから運送事業を開業しようとお考えの方の中には、事業を始めるための必要な手続きをするにあたって不安に感じている方や相談できる人が欲しいと思っている方がいらっしゃるかもしれません。
いままで運送業に勤めてきて一念発起、「さあ、独立するぞ!」と決意しても初めてのことに戸惑ってしまうのではないでしょうか。

 

 

運送業許可を取るには条件があります

「運送業(一般貨物自動車運送事業)の許可」を取るためには「人」「車」「場所」「お金」の許可基準を
満たす必要があります。
そのため車両や駐車場、資格取得者を含む人材の確保に多くの時間が必要になるでしょう。
許可を取るために、申請者は法令試験に合格もしなければなりません。

 

そのような中で許可取得のための書類の取得や作成をして、分からないことがあればお役所へ相談に行かなくては
ならないかもしれません。
この部分を専門家である行政書士にお任せしてみるのはいかがでしょうか?

 

弊所を用いるメリット

弊所は運送業専門をかがげています。
所在地は岡山県倉敷市ですのでお近くとお考えであればお声かけください。

 

下記プロフィールを見て、経歴の浅さに不安をお感じになるかもしれません。
その点はご安心ください。
7月1日付で運送業専門行政書士集団「トラサポ」に参画しております。


行政書士 久保田勝彦のプロフィール

行政書士久保田勝彦事務所
行政書士 久保田勝彦
登録番号 第20330985号

 

事務所連絡先
〒712−8011 岡山県倉敷市連島町連島4307番地3
電話:086−441−7320
FAX:086−441−7321

 

行政書士を目指したきっかけ

岡山県の南部にある倉敷市で生まれ、倉敷市で育ちました。
人並みに高校を出て就職し、どこにでもいる会社員として暮らしていました。

 

そんなわたしが行政書士を目指すきっかけとなったのは、西日本の人なら忘れがたい2018年7月の豪雨災害。
わたしの住まう倉敷市では、川が氾濫して一夜のうちに水没した真備町の姿が全国に報道されたことを覚えて
いらっしゃるかもしれません。

出典:2018西日本豪雨 岡山の記録 山陽新聞社編(株式会社 山陽新聞社) より

 

あの日、わたしは倉敷市の消防団員として出動していました。
そして後日、知人が被災していることを知りました。

 

あの豪雨災害が過ぎて立ち入り制限が解除されると、わたしも被災した家の片づけに駆け付けました。
わざわざ岐阜県からからボランティアに駆け付けてくれた知人もいました。
お話しを聞けば北海道からも飛んできてくれた人もいるとか。

 

同時に市からの補助金について、家が床上浸水し商売道具がだめになったのに基準を満たせず
涙を飲んだ方もいらっしゃいました。
ルールはルールとして、そういう話を身近に聞いて

 

「自分はもっと行政と市民の橋渡し役になりたい」と思いました。

 

以前、わたしがビルメンテナンス業に勤務していたときに県や市の施設で仕事をする機会が多かったため
「行政書士になれば行政と市民への貢献の幅を広げられるのでは?」
と考え、2020年1月29日に行政書士試験合格通知を受けて、その資格で独立開業を決意しました。

 

 

略歴
1978年12月26日生まれ
岡山県立倉敷古城池高校 卒業
金属加工業→ビルメンテナンス業→産業廃棄物収集運搬業→行政書士
2020年1月 行政書士試験に合格。
同年5月15日付で行政書士登録を受け、岡山県行政書士会に入会。


page top